目の二重のお話

眼瞼下垂症ってどんな病気なの?

眼瞼下垂症ってどんな病気なの?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。この眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)って言うのは、簡単に説明しますと、上まぶたが垂れ下がった状態で目を開けにくくなることなようですね。

症状が現れるのは、一般的には片目だけに起こることが多いようですが、両目に起こることもあるようです。目が開きにくくなるようなので、日常生活にとっても苦痛を感じ、疲労も感じるようですね。更に、上まぶたが垂れ下がった状態になる為、自分で鏡を見ると左右のバランスが悪いことに気がつくかも・・・。

眼瞼下垂症の原因としては、先天的な眼瞼挙筋の形成不全が最も多いようですし、遺伝することもしばしばあるようです。後天的なものですと、例えば、年齢を重ねると共に、眼瞼挙筋の筋力が低下してしまって、上まぶたを持ち上げる筋力が低下して、徐々に上まぶたが下がってきてしまうようです。

その他には、成人の場合、疲労が蓄積され、下垂が起こる場合もあるようです。ただ、この場合には、重症筋無力症という病気を疑った方が良いでしょう。又、脳に動脈瘤が出来てしまい、神経を圧迫することで下垂が起こる場合もあるようです。それに、脳梗塞が起こった後に下垂が見られる場合もあるそうですね。

中でも、一番気を付けなくてはいけないのが、コンタクトレンズの長期装着なようですね。コンタクトレンズをずっと装着したままでも眼瞼下垂が起こる場合があるようですので、コンタクトレンズを日常的に使用している方は注意が必要なようですよ。

もし、眼瞼下垂に気がついたら、すぐに専門医へ行き、検査することをお勧めします。先天性のものや脳動脈瘤の場合は手術が必要になるようですが、自然に回復していく場合もあるようですね。

楽天で見る⇒眼瞼下垂症

関連記事
奥二重ってどんな状態なの?
アイパッチリンの値段や使い方は?
アイパッチリンで二重は作れるの?
二重も歳をとるとたるんでくる?
二重まぶたを作るトレーニング?

スポンサードリンク