└ 肌の手入れ・ケアのお話

赤ちゃん肌って?

赤ちゃん肌って、良いですよね〜(笑)よく、”赤ちゃんのようなモチモチ、プルプルのお肌を手に入れたい”っていう言い方をしますが、実は、赤ちゃんのお肌って、とってもデリケートなんですよね。つまり、外からの刺激をとっても受けやすい肌と言えるんです。赤ちゃんの肌は、皮膚表面の体重に対しての割合が大人の約5倍にもなるようです。これが、モッチモチの秘密なんですね〜。ですが、その分、気を付けなければいけない事が多いようです。例えば、スキンケアの製品をほんの一部に塗っても、すぐ全身に回るので影響が出やすくなるようですね。赤ちゃんの肌がデリケートなのは、大人よりもずっと皮膚の皮が薄いという事もあげられます。その分透明感はあるんですが、様々な刺激から守ってあげる必要があるんですね。デリケートだからこそ、いろいろな部分に気を配って、きめ細かくお手入れしてあげるのが大切という事のようです。

お手入れをするタイミングは、沐浴の後が良いようです。これは、肌が一番清潔な状態だからなんですね。もし、皮脂が固まったりしてしまっている部分が有れば、その時だけ、ベビー石鹸を使うと良いようです。逆に言うと、それ以外の場合は必要はないんです。むしろ、石鹸を洗い残してしまう方が、お肌のトラブルの原因になるので、石鹸をつけた場合は丁寧に洗い落す事が大事になるんですね。UVケアなども必要のようですが、注意したいのは、赤ちゃん専用のものを用意する事ですね。大人とは皮膚の厚さからして違うので、専用のものでないと、これも肌トラブルに繋がる可能性がある為なんですね。赤ちゃんお肌、しっかり守ってあげて下さいね〜(笑

関連記事
お肌に良い食べ物って?
お肌とタバコって?
お肌の曲がり角って?
お肌のケアって?
お肌のお手入れって?

スポンサードリンク