口臭の原因のお話

口臭の原因は内臓の病気?

口臭の原因は内臓の病気?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

実は、内臓の病気が原因で、
口臭を引き起こすこともあるようですね。

口臭を引き起こす内臓の代表的な病気には、

・糖尿病
・胃炎や胃潰瘍
・十二指腸潰瘍

などのようなものがあるようです。

まず、糖尿病になると、
唾液の分泌量が減少してしまい、

口の中が乾燥してしまうようですね。

そして、口の中が乾燥すると細菌が増えてしまう為、
口臭が酷くなるようですし、

糖尿病の方は歯周病にもなりやすいようなので、
注意しないといけないようです。

それに、

胃潰瘍や胃炎といった胃の病気になってしまうと、
食べ物を上手く消化することができないようで、

体内で発酵してしまって口臭を引き起こすようです。

又、十二指腸潰瘍などの腸の病気になると、
腸の働きが乱れてしまい、腸内環境が悪化するようです。

そうすると腸内に悪臭が発生し、それが血液に流れ込み、
血液から肺に排出されて口臭になるようです。

このように、
内臓の病気が口臭を引き起こしている場合には、

その病気を治さないと口臭を改善するのは難しいかも・・・。

口内の衛生環境を意識していても口臭が酷い時は、
内臓の病気の可能性があるようなので、

一度病院で検査を受けてみてくださいね。

糖尿病が気になる方は、
楽天で見てみて⇒糖尿病

関連記事
口臭の原因は加齢?
口臭の原因は舌の汚れ?
口臭の原因は歯磨き?
口臭の原因が歯石?
口臭の原因は口の渇き?
口臭の原因は食事内容?
口臭の原因がコーヒーやお酒?

スポンサードリンク