抗酸化作用のお話

尿酸には強力な抗酸化作用がある?

尿酸には強力な抗酸化作用がある?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

尿酸の値が高いと聞くと、
何となく悪いイメージがありますよね。

中には肥満や痛風を思い出す方も
いらっしゃるのでは・・・?

確かに、尿酸はプリン体の最終代謝産物で、
尿酸の値が高くなる方の大半は、

飲酒や過食による肥満、運動不足が原因に
なっていると考えられていたようですね。

これは、
糖尿病や高脂血症を患っている方とも共通するようで、

尿酸の値が高い事は
決して好ましい状態とは言えなかったようです。

それが、現段階の研究結果では、
尿酸には強力な抗酸化作用がある
と認識されつつあるようですね。

つまり、尿酸には、体内で老化の原因となる
活性酸素の生成を抑制する働きがある事が
分かってきているようです。

尿酸の血中濃度は、ビタミンC、ビタミンEなど
他の抗酸化物質の約10倍であるとさえ
言われているようです。

この事から、血液の中で最も高濃度で
存在している抗酸化物質は、

実は、尿酸であったと考えられるようです。

又、尿酸は運動ストレス時の抗酸化物質として
作用するという報告もあるようで、

重要な役割を担っているとも言えるかも・・・。

尿酸値が高いと、すぐに痛風など病気の
リスクを想像しがちですよね。

ですが、反対に、強力な抗酸化作用がある事も
分かってきているようですので、

活性酸素による体内の錆び付きを防ぎ、
アンチエイジングといった老化防止にも
有益に作用する可能性があるようですね。

尿酸値が高いと言っても、
悪い事ばかりではなさそうですね。

楽天で見る⇒尿酸

関連記事
抗酸化作用のあるサプリメント?
ビタミンCは抗酸化作用がある?
抗酸化作用のある野菜?
抗酸化作用に効果的な食品?
抗酸化作用?

スポンサードリンク