└ 老化防止のお話

卵子は老化する?

卵子は老化する?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

日本人が結婚する年齢はどんどん
高齢化しているようですし、

それにともなって不妊に悩む女性も
増えているようですね。

高齢になれば妊娠や出産が難しくなることは
おそらく殆どの女性が知っていると思いますが、

比較的軽く考えている人が多いかも・・・。

昭和の頃には30歳で高齢出産と言われていましたが、
現在では35歳の初産で高齢出産と呼ばれるようですね。

医療技術が進んだことや、不妊治療、体外受精、
人工授精等の技術が進んだことで楽観視していたり、

自分は大丈夫、と思っている人が多いようですね。

閉経してしまえば、
妊娠できないのはどなたでも知っているでしょうが、

生理が有るうちは自分の体力さえあれば大丈夫
と思っている人も少なくないのでは・・・。

ですが、案外知られていないのが、
卵子は老化する、ということなんです。

男性の精子は毎日新しく作られるようですが、
女性の卵子は、産まれた時に既に卵巣の中に
作られているようですね。

それが性成熟期を迎えると、
毎月一つずつ排卵されるようになり、

妊娠の準備が始まるようです。

産まれた時に既に卵巣の中に持っていた卵子が
一つずつ成熟して、閉経までずっと排卵されるようです。

つまり、15歳で排卵された卵子も、
50歳で排卵された卵子も、

卵子が産まれた時期は同じという事になるようです。

その為、高齢になればなるほど
卵子が老化していくようです。

卵子が老化すると、
妊娠しづらくなるのは勿論なようですが、

生まれてくる子供の奇形や先天的な病気のリスクも
高まってしまうようです。

一般的には、35歳の女性が無事に出産できる確率は、
20代女性の半分と言われているようですね。

楽天で見る⇒卵子 老化

関連記事
老化防止には抗酸化作用の物質?
放射能は老化を促進する?
老化促進物質のC1q?
老化の原因は活性酸素?
老化を遅らせる?

スポンサードリンク