口臭の原因のお話

口臭の原因は口の渇き?

口臭の原因は口の渇き?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

実は、口の渇きと口臭は深く関係しているようですが、
ご存知でしょうか?

口が渇くと口臭が悪化する理由には、
唾液の分泌量が大きく関わっているようです。

唾液と言うのは、
口の中にいる細菌を殺菌する働きを持っているようで、

唾液の分泌量が減少してしまうと
細菌が活発になってしまうようで、

悪臭を引き起こしてしまうようですね。

では、どうして
唾液の分泌量が減少してしまうんでしょう?

唾液の分泌量が減少する原因には、

・加齢
・ストレス
・口呼吸
・薬剤

など、主にこの四つがあげられるようですね。

まず、年齢を重ねると代謝が低下してしまい、
それに伴って唾液の分泌量も減少してしまうようです。

それに、ストレスが蓄積されると
自律神経が乱れてしまって、

唾液の分泌量が減ってしまうかも・・・。

又、口呼吸をすると唾液の分泌量が減る上に、
口を開けたままなので

口の中が渇いてしまいやすくなるようです。

それから、抗うつ剤や降圧剤などを服用すると、
唾液の分泌量が減少してしまうようで、

口臭が酷くなることもあるようです。

ですので、口臭を防ぐ為にも、
唾液の分泌量を増やすことが大切なようなので、

ストレスを軽減させたり、
口呼吸を改善するようにするのが良いようです。

それに、

ガムなどを噛んで意識的に唾液の量を増やしたり、
こまめに水分補給するのも良いようですね。

口臭対策が気になる方は、
楽天で見てみて⇒口臭 対策

関連記事
口臭の原因は内臓の病気?
口臭の原因は加齢?
口臭の原因は舌の汚れ?
口臭の原因は歯磨き?
口臭の原因が歯石?
口臭の原因は食事内容?
口臭の原因がコーヒーやお酒?

スポンサードリンク