ニキビのお話

ニキビの種類?

ニキビの種類?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ニキビにもいろいろな種類があるようで、
・白ニキビ
・黒ニキビ
・赤ニキビ
・黄色ニキビ
など、大きく分けるとこのようになるようです。

まず、白ニキビと黒ニキビが
ニキビの初期段階にあたるようですね。

白ニキビと言うのは、
古い角質などが原因で毛穴が塞がれ、

皮脂が外に出る事ができず、
毛穴に溜まった状態の事をさすようです。

この溜まった皮脂の事をコメドと呼び、
白く透けて見える事から、

白ニキビと呼ばれているようです。

一方の黒ニキビはと言うと、
溜まった皮脂が毛穴から出て酸化し、

黒く変色している状態の事なようで、
特に鼻にできやすいようです。

実は、この段階でニキビを治す事ができれば、
ニキビ跡が肌に残る事はないようですよ。

赤ニキビと言うのはその名の通り、
毛穴とその周りが炎症を起こしてしまい、

赤く腫れている状態のニキビなようです。

ここまでくると、
痛みを感じる場合もあるかも・・・。

そして、黄色ニキビと言うのは、
赤ニキビの炎症がさらに進んで、

膿を持った状態を言うようです。

これは、膿疱(のうほう)とも呼ばれていて、
こうなるとニキビ跡が肌に残る可能性が

格段にアップしてしまうようです。

その為、
早期の治療が必要となるようですね。

ニキビ、こうならないように
気をつけましょうね。

ニキビの種類のことが気になる方は、
楽天で見てみて⇒ニキビ 種類

関連記事
ニキビのレーザー治療は安全?
ニキビも遺伝?
ニキビに良い洗顔のやり方?
ニキビを作らない生活習慣?
ニキビができやすい食べ物?
ニキビができやすい場所?
ニキビのできる原因?

スポンサードリンク



この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448090003
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック